生活の中にある住宅設備こそ参考になる!

モデルハウスやショールームに住宅設備を見に行くことはもちろん大事です。けれども、当たり前ですけれど、モデルハウスやショールームにおいてある住宅設備はキレイなものです。そりゃあ、商品をPRするためにショールームを設けているのですから、使い古した住宅設備は置かないでしょう。

そしてまた、使い古した住宅設備を見たところで、ほとんどの人は「あ、いいな!」なんて思わないことでしょう。やっぱりピカピカでキレイな新しい住宅設備に魅力を感じるというものですから。ですからショールームには、真新しい住宅設備を置くのです。

けれども、マイホームを建てるにあたっては、使い古した住宅設備を見ることこそ大切なんです。だって、マイホームに置く住宅設備は「使うもの」なんですからね。お客さんに見せるための住宅設備ではないんですから。生活の中にある住宅設備こそ実は参考になるのです。ですからこそ、できることならば友人知人宅の住宅設備を見せてもらいましょう。

トイレやキッチンなどの水回りに関しては、2〜3年の使用でも劣化具合がわかりますから。そして、メーカーによる劣化具合もわりと目立つものなのです。ですからこそ、生活の中にある住宅設備こそ参考になるというものなんです。