住宅設備もインテリアと調和するものを選ぶ

住宅設備にしても、統一感をもたせないとごちゃごちゃとした落ち着かない家になる可能性はあるのです。住宅設備だけではなく、もちろん家具とのバランスも考えて決めていかないと、なんだか揃っていない印象の部屋となり、おしゃれ感はぐっと下がるという印象なのですよね。

私の友達の家の話なのですが、システムキッチンはステンレス製のシンプルなものを選んだのに、カウンターテーブルとして使用しているのは、アパートに住んでいた頃から使っていた木目調の小さめのダイニングテーブル、そこにもうひとつテーブルクロスをかけた少し大きめのダイニングテーブルを置いていますので、なんだかごちゃっとした印象になっているのですよね。

本人もそのことには気づいていて、「どうしたらいい?」とアドバイスを求められましたが、私もセンスがあるわけではないものの「とりあえず揃えたらいいよ」ということは言っておきました。ステンレス製のシステムキッチンではなく、白を基調としたキッチンでしたら、まだ木目調のテーブルと馴染んだような気もしますけれど、現在はなんだか学校の調理実習室のような感じになっていますので。

また、洗面所および脱衣所、それにバスルームに関してもやはり設備にも統一感を持たせないと格段におしゃれ感は減るように思います。住宅設備を選ぶ際は、メーカーを揃えることもそうですけれど、見た目もある程度揃えておいた方がいいように思いますね。